「ほっ」と。キャンペーン
良かった探し
ouba.exblog.jp

プロフィール

長崎県 長崎市 出身  長崎県で中学校の美術教員を12年勤めながら、東京三世社「クレセント」でデビュー。  現在、ぶんか社で「家庭ミステリー」で保険調査員咲耶シリーズを連載中。  他に竹書房、宙出版の女性誌にも作品を掲載中。

je-pu-pu 無料カウンタ

リンク
<   2004年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧
もう時間がない~~!
明日の早めに、ネームをお渡ししないと、私ももちろんアシスタントさんが全員そろっても、原稿が上がりません。
また、なぜこんなに引っ張ってしまったのか…?

まずは、徹夜をしたらいかん!ということです。
体力の復活が、1日ぐらいでは足りないのです。
年をとりました…

昔は、原稿アップしても、次のプロットができるまで、休まず仕事をしていたのに…
しっかりと次のお仕事のページを決めてもらってから、ようやく休みがとれる~という感じでした。
プロット描きも、1回編集部に送るのが2本なのは、当たり前。
1度に、2ヶ月先のお仕事をもらっていたりしたのに…

1ヶ月で、32ページを4本をアシスタントさんさんが、2~3人でやっていたこともありました。
今とは、密度も作画のレベルも低いですが、あの時の気力、体力は今も欲しいです。
とにかく、10月下旬まで突っ走って、11月からゆっくりやります。
来年に備えます。

それでは、ネームに励みますので、今日は短めに~~
[PR]
by ouba-a | 2004-09-30 22:40 | 漫画のお仕事
ネームは、結局…
もう1度、ページ割をしてやり直し、今45ページまで、セリフを打った物を、3分の1に削りました。
A4版の紙に、びっしりセリフを10ページ分ぐらい打っているのですが、残っているセリフがわずか…
ここまで、セリフを打ったものを削ると、「…」
今、ひゅるひゅると隙間風が~

今日は、本当に寒いですね~と、言いたくなり日記に書き込みました。
話を欲張り過ぎて、見せ場を作りすぎました。
文章もそうですが、私はたらたらと長く書いてしまうのが癖ですね。
うちにアシスタントさんに来てくださる嵯峨根さんんが、とても短くて簡潔に、上手に日記を書かれるので本当にうらやましいんです。

一緒に風見鶏に食べに行ったときの日記の書き方の違いに、舌を巻きました。
私が、ご本人に何度もそれを言うので、
「いや、もう勘弁してください」
と、言われるほどです。

本当に、ページにあったお話作りの練習をやり直さなければなりません。
いいい話にするためには、このエピソードがあれば、盛り上がるとか、説明調にならなくするために、過去のシーンでも、絵でちゃんと描いて説明をすることに心がけていたのですが、しつこい…?
そのバランスをどうすればよいか、今頭の中でぐるぐる回っています。

担当さん、がんばっていますのでもう少し待ってくださいね。
[PR]
by ouba-a | 2004-09-30 03:41 | 漫画のお仕事
良かったです…
昨日の6年間ひきこもりをしていた女性は、荒療治してから100日間たって、やっと買い物にも外にいけるようになり、元の自分を取り戻すために、リハビリ中だそうです。
やっと「すみませんでした」と、6年ぶりにしゃべることができ、次の日から特訓が始まりました。

お茶碗を洗うことから、はじめたのですが、お茶碗の洗い方から忘れているだけではなく、水道の止め方さえも忘れていました!
部屋の中も、カラーボックスや本棚の中も何も入っていないんです。
彼女は、6年間は本当に空っぽで、人間として生きることも忘れ去ってしまったのです。
感情もなく、言葉を発することも、動くこともなにもしていませんでした。

どうして、そこまで引きこもりになったのか、本当に知りたいところですが、まだわからないようでした。
私は、普通にやりたい仕事があり、生活ができることへ感謝をいたしました。
仕事をがんばろうと思いました。

それで、担当さんからお電話をいただき、
「すみません。
原稿アップは、10月の4日か、6日まで伸ばしてください」
と、お願いする私…。
情けないやら、申し訳ないやら…。

ネーム詰まってます。
例のごとく、ページ数が足らないのです。
「51ページで足らない話ってなに!?」
と自分で、突っ込みをいれたくなります。
話のつめすぎで、「どこを削ればいいの~!?」と大騒ぎです。
多分、このまま全部描いてしまうと65ページ以上はなります。

いいお話なので、ついつい力が入り、いつまでも終わらない。
昨日書いた、大ゴマをバンととってどころでは、なくなってきました。
本当に、難しいです…

また、一からネームの直しです…
[PR]
by ouba-a | 2004-09-29 22:30 | 漫画のお仕事
ひきこもり漫画家
今日も、整体から先ほど帰ってきたばかりです。
その間に、夕方からカラーの背景を描いてもらうために、よろづさんが夕方から入っていました。
カラー表紙は、完成しました。
後1枚は、今からペン入れです。

次のお仕事にネームも、まだセリフ打ちが終わらず、ネームが進んでいません。
とても、嫌な予感がしてきました。
体が、疲れ過ぎると、頭もまったく働きません。
それに、ネームの段階で今までの書き方を変え、もっと極端になってもいいから大ゴマや目立つシーンを入れる課題が、担当さんから出されました。
本当に、貧乏性で、大ゴマは取れないでしし、エピソードも詰めすぎます。

確かに、均等に作画に力を入れても、ここでという見せ場が目立ちません。
背景ももっとスカッと抜いてもいいのかもしれません。
本当に、相当な数の背景を毎回書いていますので、作画時間は背景だけでも、かなり時間がかかっています。
アシスタント料もかかっています(泣)
A5版の雑誌は、漫画がいっぱい載っているのもあるのですが、悲しいことに作画の上手さの差は、あまり出ません。

作画の方は、もっと背景も人物も、レベルアップをさせようという計画が立ってはいたので、多分来年の今頃は、また違う漫画になることは、間違いがなかったのですが、それより、ネームのコマ割や見せ方を工夫せねば、ならないようです。

私が、漫画家になりたての時は、雑誌はB5版で、とにかくお話を詰めて、コマもP1で、本当に多く入れさせらていました。
セリフも、1コマに2つも3つも入っていて常識だったのですが、今ではセリフが多すぎるといわれています…。
現在は、読者にわかりやすく漫画を描き、いかにインパクトのある作品を描くことがポイントになっています。
いい話を描きたいと思うと、なかなかできないのですが…。
また、勉強のし直しです。

整体と歯医者以外は、外出せずに、お仕事をしているのですが、どうして仕事が進まないのか…
映画も、オークションで買ったチケットは今月末が期限でした。

本当に、ひきこもり作家になっています。
何とか、来月の中旬までがんばります。

なぜ「ひきこもり」などという言葉を使ったかというと、今日のニュースで27歳の女性がずっと実家でひきこもりをしていて、荒療治の特集をやっていたのを見たからです。
その女性は、6年間家族と会話をしたこともなく、6年間お風呂に入ったこともなく、6年間部屋の掃除もせず、働かず、ただ3度食事をして、寝るだけの生活をしていました。
それを、ひきこもり専門の先生がこられて、居間に彼女を連れてきて、今まで家族が文句を言えなかったことを全部吐き出させて、お母さんにも
「何で、あなたはそんなに冷静なの!?
もっと、感情を出しなさいよ!」
と、言い、お母さんはやっと
「この6年間、どれだけ私が苦しんだと思っているの!?
 このバカ娘!」
などと、言って泣きながら娘を殴ります。
それと一緒に、妹二人も泣きながら文句をいって、3人で殴ります。

「彼女は立ち直ったのかは明日のニュースで」と、ありました。
もちろん、立ち直ったので放送をされたのでしょうが、ついつい
「こんな荒療治をする前に、何か対策を練らなかったの、ご両親?」
と、疑問がわきました。
多分、何も話したことがないので、引きこもりの本当の理由がわからなかったからでしょう。

でも、やはりひどくなる前に、最初のうちに専門の機関に相談するなり、心療内科にかかるなり、今怒るのなら、最初の時になぜ怒らず、放置してしまったのだろうかという方に疑問を持つのです。
最初が、なんでも肝心なのです。
両親が、娘の引きこもりを現実として実感できず、逃げていたという解説もはいっておりました。
今日は、まるで教師過去録に書くような話になってしまいましたが、私は仕事をきちんと上げれば、家に引き込もっていても、ちゃんと自分の意思で仕事をしているということを幸せだと思ったのです。
その彼女と比べて、こんなことを引き合いにだしてしまうことも申し訳ないですが。

本当にその女性の6年間の引きこもりは、もったいない。
ただ時が過ぎていくだけの変わらない空間に、何も意志ももたずに、ただ生きているだけ…
かわいそうです。
明日、彼女が立ち直ったという放送を必ずみたいです。

ちゃんと仕事してですが、あっ、歯医者もある~!
録画をしていきます、汗
[PR]
by ouba-a | 2004-09-28 23:20 | 漫画のお仕事
連載を1回休みます
家庭ミステリーで連載をしている保険調査員シリーズを、1回休みます。
土曜日に、担当さんから次回の台割がきて、「大丈夫ですか?できますか?」と、言われて、
「やれますよ!」
と、意気込んでいたものの、昨日はずっと雨が降り続いたせいで、頭痛がひどく日記も書けず、仕事もあまり進んでいません。

スケジュールも、今来ているページ数で、立ててみましたら、かろうじて徹夜にはならずにすむけれど、休みがないという状況が11月中旬まで続きます。
休みがなければ、どんどん疲れは蓄積させていき、ペースが落ちるという悪循環になります。
それに、またパソコンが壊れるととか、誰か一人でもアシスタントさんが来らればくなると、本当に徹夜をしなければならない状況におちいります。

たまにの徹夜でしたら、体力もあり、アシスタントさんのがんばってくれる姿を見ると心が温まる気持ちになるので、たまにでしたら、やる覚悟もできます。
でも、今月20日の修羅場は本当に、しんどかったです。
「私絶対、体のどこかが悪いわ…」と、思いました。

3年前より、毎月連載を切実に願っていた私が、やっと念願かなって、毎月になったのに…
本当に悔しくてたまりません。
でも、今もネームをずらしているので、〆切が10月頭に48ページ、中旬に51ページ、下旬に、36ページです。
本当は、これに42ページが加わるはずでした。

よく考えて、遅くなってから、担当さんにお電話をして、やっぱり休ませてくださいとお願いをしました。
自分の載ってない12月7日発売号を見るのは、本当につらいことになりそうだと予想しています。
でも、自分がやったことなので、自分でよく考えて、次から以前書いた会社システムに早くできるように、がんばります。

そうしたら、誰にも迷惑をかけず仕事ができます。
本当に、担当さん〆切を遅らせて申し訳ありません。
アシスタントさんたちも、もう少ししたら、休みがゆっくりとれるから、がんばってください。
ちょっと、今日は外の雨のように、心も雨気分です。

来月末の36ページも、原作のプロットをいただきました。
今回も、本当にびっしり書いてあります。
でも、今回はちゃんと詰めずに、お話が入りそうで良かったです。
担当さん、お疲れ様でした。
気を使わせてしまい、「また、暗い話で申し訳ありません」といわれました(笑)
明日、また詳しく打ちあわせをします。
今回は、シングルマザーのお話で、どうやって読者の同情を引こうかと考えさせられる作品です。
「大幅(?)に、お話を変えていいですか?」と、多分明日担当さんに、言うと思います。
キャラクターをもう一人増やしたいのです。
それは、明日の打ち合わせで、相談をするつもりです。
[PR]
by ouba-a | 2004-09-27 23:45 | 漫画のお仕事
すみません~
なにやら、かにやらやっていたら昨日は、朝の12時までおきて寝たので、起きたのが夜の8時半~~
昼夜逆転をしてしまいました。

もう少し、仕事をしてから、日記を書きます。
起きたばかりで、書くこともまだないです。
それでは、また~
[PR]
by ouba-a | 2004-09-27 00:02 | 日常
しつこいよ~!
最近、未承諾広告メールが多くて、削除に参ってます。
sayoさん、1日に2回も送らないでくれ~~!
それに、私は女性です。

こう書いても、名前を変えて送ってくるのでしょうか?
家のサーバーのso-netから、個人情報が漏れているお詫びが入りましたが、それと関係があるのでしょうか?
まあ、私はメールアドレスを公開しているのですが、なんともいえませんが。

後は、ローン会社!
お金は絶対かりないと書いているだろうが!
すみません、心の怒りの叫びです。

最近、オークションもやったりして、クレジットカードをどうしても使用しなければならず、セキュリティがとっても不安です。
新生銀行に申し込む準備を今まだやってます…。
[PR]
by ouba-a | 2004-09-26 09:37 | 日常
講師(?)よろづさん、誕生~!
これを2日まえから書きたかったんです、汗
フリーズして、消えてしまった日記をやっともう1度書きます。

家は、アシスタントさんは専門学校の学生の時から、お呼びして、私がいろいろ教えながら、卒業するころには、レギュラーになれるように育てます。
それで、今年もお二人いるわけなのですが、最近時間に追われる仕事のせいで、まったくと言っていいほど、教えることができませんでした。
すまないね~、本当に。

パソコンでトーンを貼れる様になりましたので、あとは一番時間のかかる背景描きです。
時々、嵯峨根さんが、つかまらないと家は大パニックになります。
よろづさんと、嵯峨根さんお二人がフルに入って、50ページ前後が、9日間(今は1週間ぐらいになってますね…)で、できるのです。
嵯峨根さんも、プロの漫画家さんなので、そんなに私の都合のいいスケジュールに全部来られるわけはありませんし、最近わたしが余計〆切をずらしているので、ご迷惑をかけているのです。

なので、いつもつかまるメンバーが背景を描けるようになることが一番なのです。
それで、名実ともに3年間でうちのチーフアシのよろづさんにお泊りのとき、相談をしました。
もちろん、〆切が終わった日に書いた会社に通勤するように曜日を決めることも、含めてです。

そうしたら、快くよろづさんが、背景の描き方を教えてくれることを引き受けてくれました~~!
本当に、ラッキーです!
この5年間ほど、専門学校から学生さんを呼んで、アシスタントをしてもらいましたが、彼女ほど絵がうまくて、パソコンもできて、〆切前に頼りがいのある人はいません。
一応、システムを整える来年から、1ヶ月に2日間だけうちで勉強会を開くことになりました。

よろづさんも、教える2人のアシスタントさんの性格も仕事の仕方も、よくわかっているので、もうこういうふうな手順で教えたいなどと、構想がふくらんでいるようです。

やっと私は、頼りがいのあるいなくてはならないチーフアシさんに巡り合えたようです。
10年目にしてやっとです。
家は、なぜか専門学校から育てても、2,3年続けるとやめる方が多かったのです。
なので、毎年その2,3年後のためにまた専門学生をお呼びしてということの繰り返しでた。

もちろん、私の職場の環境が嫌になるのかもしれませんが、以前3年目でやめていかれた方は、他の先生の無理やりの引き抜きがあり、そのアシスタントさんは悩んだすえ、私の方を続けることを選んでくれたのですが、正直3年もずっと家でやっていたのに、その先生が
「2ヶ月に1度だけ仕事があるから、今の職場を休んで家に来て!」
という言葉で、悩むこと自体私はショックでした。
そのアシスタントさんが、私の前に呼ばれた初めての漫画家さんだったらしいのですが、2,3ヶ月行ったら、連載が終わったからと言って、彼女は切られて、私の専属になったのです。
そして、2年目にいきなりそんな電話をかけてきて…、彼女と私の信頼関係は全くなくなりました。

だから、今来ているよろづさんと仕上げのスペシャリストのWちゃんは、そろそろなのかな…?と、びくびくしていました。
でも、来年もお二人とも、来てくださる約束はできたので、ほっと一安心。
やっと、これから私は、のりにのってお仕事ができそうです。

その前に、今の仕事を早くあげなければ~~~!
[PR]
by ouba-a | 2004-09-25 18:11 | 漫画のお仕事
プロットができました
やっと、プロットを担当さんにメールで送ることができました(汗)
でも、金曜日の夜9時過ぎ…、担当さんもさすがにいないと思うので、月曜日にお返事がくるのでしょうが、ネームをどんどん進めます。
そうしないと、また「ぎゃ~~!」という〆切になることは、間違いがないので。

今週は、整体と歯医者にも行きました。
ヘルペスも気になるのですが、皮膚科が近くになく、駅のま反対の総合病院に行かねばなりません。
なので、それだったら本当に他の検診も受けたいので、日を改めて仕事が、落ち着いてからにします。
10月のお仕事のページの量次第です…

歯医者は、歯石が最近たまりやすくて、歯茎から血が出たりしていたので、近くの病院に直行。
そうしたら、歯周病で、歯茎が落ちてしまい、歯が浮いている状況なので、歯石がたまりやすくなっているそうです。
あの赤い液を歯に塗られて、自分の歯石を見た時は、本当に嫌なものを見てしまった~!という感じです。
その場で、その赤い液を落とすまで歯ブラシを渡されて磨くのでが、本当に赤いところが多く
5分間はかかっていました。
とくに歯肉の所は、1箇所に30回磨きなさいといわれたので、本当にひどい…?

そして、奥歯に歯ブラシがはいりにくく、子供用の7歳ぐらいの歯ブラシで奥歯は磨くようにといわれました。
虫歯には、丈夫に産んでくれた母のおかげで、悩まされたことはないのですが、歯周病には気をつけなければなりません。
歯石を取るだけなので、今日1回で終わると思っていましたが、下の歯石を取って、上は来週ねと言われました。
それと、赤いところを覚えていて、よく磨いていないと、本当に恥ずかしい~~~
来週も修羅場なのに、怖いな~~

下の写真は、近くの川に降りる階段のところにありました。
車や自転車が、川岸に入らないようにするための車止めだと思います。
でも、かわいいでしょう?

b0009098_22114857.jpg

[PR]
by ouba-a | 2004-09-24 22:08 | 漫画のお仕事
秋を感じる植物
もう暗くなってとりましたので、色がきれいではないかも。
おしろい花です。
いいにおいでした。

b0009098_31826.jpg

[PR]
by ouba-a | 2004-09-24 03:15 | 日常